※当サイトは広告を掲載しています
ママ必見!お得まとめ 人気コンテンツ一覧

乳頭保護器はいらないって本当?先輩ママ9人の出産準備品ジャッジ

乳頭保護器はいらないって本当?先輩ママ9人の出産準備品ジャッジ 授乳グッズ編

出産準備品ジャッジ【授乳グッズ編】を担当させていただきますsonicです。こんにちは!

この記事では「乳頭保護器(ニップルシールド)」を出産準備品として買って後悔しないのか?いらないって聞いたことあるけど本当なのか?先輩ママ9人に聞いた本音判定と、リアルな口コミ・体験談をまとめます。

購入判断用のチェックリストも設けたので、用意が必要か迷ってる方はぜひ参考にしてください!

※当ジャッジ企画の概要は↓こちら

出産準備ジャッジ企画概要をイラストで説明

赤ちゃんが母乳を上手に吸えないときや、授乳に痛みを感じるときに乳頭を保護するために使うのが「乳頭保護器」(ニップルシールド)です。

こちらは出産準備に必要なアイテムなのでしょうか?判定結果はというと…

TsumuRisonicたこ子なお羊子のんぽてこまりあや
③場合による

全員が「場合による」と答えました。

みんなの意見を聞いて感じた乳頭保護器の評価は、以下の通りです。

重要アイテム度
不要派が多数
人による
いる派が多数
おすすめ購入時期
産前を推奨
人による
産後に判断

乳頭保護器は必要となるのはケースバイケース。そのため、購入の判断は産後まで待ってOKです。

それでは、もらった意見を詳しく見ていきましょう。

[PR]スポンサーリンク

乳頭保護器が必要か?どうかは、産後の状況しだい

③場合による

まり「上の子の時は最初切れて痛くて困ったけど、そのうち慣れて保護器を使うほどには至らず。下の子の時は痛くならなかったので使用しないままだけど、痛みが改善しなくて母乳育児続けるなら買うと思う」

のん「2人とも痛みが我慢できないほど切れたりしたことがなかったけど、トラブルが続けば購入も考えるかな」

ということで、乳頭保護器は必要なタイミングがくるまで購入を待ってもOK!

もし、うまく吸えないなど授乳トラブルが発生した場合は、できれば助産院や産院の母乳外来などで使い方も含め相談してから購入するのがベストです。

ちなみに直接母乳を与えるのがうまくいかない場合、乳頭保護器だけでなく搾乳器で搾乳して哺乳瓶で母乳を与えるという方法もあります。

乳頭保護器 or 搾乳器どちらを使うのが良いか?については、喫茶のアメブロ版に先輩ママたちの体験談を載せていますので、迷った場合は↓こちらの記事も参考にしてみてくださいね!

『授乳でうまくくわえさせられない時の対処法まとめ!使うなら搾乳器or乳頭保護器どっち?』
ブロガー喫茶ぽてこアメブロ店へようこそ!喫茶メンバーのsonicです。 昨日はこちらの記事を更新しました↓ 『出産準備に...

あなたは乳頭保護器が必要?不要?購入判断用チェックリスト

みんなの意見をもとに、どのような人なら購入をおすすめできるのかをまとめてみます。

こんな人は買わないほうがいいかも…

  • ムダなものは極力買いたくない
  • 実際に授乳してみてから購入するか検討したい
  • 授乳トラブルには搾乳器で対応するか?迷っている
  • 最初から完ミ予定の方

そもそも乳頭保護器は授乳トラブルが起きた場合に使用するもの。また母乳育児をするからといって、必ずしも授乳トラブルが起きるわけではありません。

そのため、購入するのは産後まで様子を見た方がいいでしょう。

反対に、購入しても満足できそうな人は以下の通り。

こんな人は購入をおすすめ

  • なし

授乳トラブルによっては、乳頭保護器が必要になる場合もありますが、出産準備の時点では買わなくても大丈夫です。

もし購入するべきか?迷ったら、まずは産院や助産師さんに相談の上、購入を検討してみてくださいね!

乳頭保護器の選び方や人気商品は?

乳頭保護器にはサイズ(S・M・L)がありますので、適切なサイズを選んでくださいね。

参考までに、Amazonや楽天では「メデラ」や「ピジョン」の乳頭保護器が人気でした。

また、現在の売れ筋商品は下記のリンクからチェックしてみてくださいね!

当喫茶店マスターぽてこから、最後に一言

「ムリ・ムダ・ムラ」が大嫌い(笑)
当喫茶店のマスターやらせてもらってます、2児の母おひるねぽてこです^^

これまで数多くのアンケートを開催してきましたが、母乳育児に関してのご相談は本当に多いです。

授乳がうまくいかず、実際に乳頭保護器を使ったママも多くいらっしゃいました。母乳育児に悩んだら、ぜひ授乳・卒乳の悩みアンケート一覧をご覧ください。

特に、先ほども紹介した「授乳でうまくくわえさせられない時の対処法まとめ」はぜひ見ていただきたいです。涙ぐましい努力を重ねたママたちから、たくさんの体験談をいただいています🥺

タイトルとURLをコピーしました